楽天ゴールドカードを使いはじめたら毎年14000円分ポイント多く還元されとってもお得になりました

私の家計管理は月初めまでに現金のやりくり費を下しておくのですが、使い道のきまったお金以外・・・つまり手持ちの自由になる現金は月に2万程度です。あとはマネーフォワードを活用しながらクレジットカードや電子マネーで極力現金を使わない生活を送っています。



「現金を持たない生活」というのは慣れてくると快適です。お会計がスムーズだったり、小銭がかさばらないのも楽ですしね。

 

div>そんなノーマネー派の私がメインで使っているクレジットカードは楽天ゴールドカードです。今や手放せないカードですし、当面このカードがメインの座にいることは間違いなしです。

本日はなぜ楽天ゴールドカードがそんなにお勧めなのか、楽天ゴールドカードのヘビーユーザーである私が実際におすすめポイントとおすすめの使い方をご紹介させてください!
どうぞよろしくお願いいたします。

楽天ゴールドカードのメリット:楽天市場で使うと+2%ポイントが貯まる

楽天さんより画像をお借りしています。

 

楽天ゴールドカードは年会費2160円のカードです。さらに上には楽天プレミアムカードというカードがあり、一般的な「ゴールドカード」クラスのクレジットカードは楽天プレミアムカードになります。楽天ゴールドカードは名前ほど見た目は真っキンキン!って感じでなく淡い金色をしています。

ゴールドカードという名前ですが、加入するのは難しくありません。

一般的に育児休暇中にクレジットカードを作ることは難しいとされているそうなのですが、私の場合楽天カードを申し込み発行され、その後半年以内にゴールドカードに切り替えましたが、すぐに発行されました。

 

楽天カードでの支払いを滞りなくできていればある程度信頼があるのかもしれませんし、

同じ時期にリクルートカードは落ちましたから楽天ゴールドカードのほうが審査が優しいのかもしれません。

 

さて、楽天ゴールドカードにはいくつか特典があるのですが、私にとっての一番のメリットは「楽天市場での買い物で還元率が+2%」になること!

 

ポイント還元の詳細としてはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の一環となっており、楽天ゴールドカードで支払うだけで、常時還元されるポイントが+4倍となります。

通常ポイントが1倍。
ノーマルの楽天カード分が+2倍。
そして楽天ゴールドカード保有で+2倍です。

0と5のつく日にはキャンペーンが開催されており、更に+2%となります。

つまり楽天ゴールドカードを持っていれば、それだけで楽天市場でのお買い物が7%還元となるわけです。

楽天市場であと2倍ポイントが貰える・・・ということで私のようなヘビーユーザーならば十分年会費を回収することができますよ。
2160円の年会費ですが、月計算にすれば179円。ポイントが2倍になるので無理して楽天ブックスや楽天ブランドアベニューなんかでお買いものするよりは効率的なのではないかと考えています。

楽天ふるさと納税をされているご家庭ならば楽天ゴールドカードは作るべし!

楽天ではふるさと納税も取り扱っており、私も楽天でふるさと納税をさせていただいています



このふるさと納税、上記の過去記事でもう少し詳しく述べているのですが、お仕事をされているなどで所得のある方に節税のメリットがあります。具体的には一旦納税した金額は自己負担額2000円を除いて、収入に応じた限度額までは翌年の市民税または所得税から還付される仕組みとなっています。我が家ですと私がフルタイムであれば、夫婦ともに6万が限度額です。つまり夫婦合わせて12万円を楽天市場で使うことになり、楽天市場で必ずまとまった金額を使うことになるわけです。

 

楽天ゴールドカードで追加還元されるポイントは2%ですので、たとえばこの楽天ふるさと納税を年間12万行った場合、12万×0.02=2400 となりふるさと納税だけで2400ポイント獲得できることになります。すでに年会費分を回収できています。

 

そんなわけでここからはお得になることしかありません。普通のお買い物でもさらに2%還元ですからね。

我が家ですとお肉まとめ買いや洗剤まとめ買い、おむつやおしりふきなどなど・・・ポイントも加味しつつ実店舗と比べてをお得と判断したものを楽天で購入しています。

楽天市場でお金を使えば上限1000ポイントに限られるが通常の還元率も2%になる

もうひとつ。これは楽天カードでも同じキャンペーンに参加できますが、

楽天市場で月に40000円以上使うと、楽天市場以外でのカード利用時のポイント還元が10万まで2%になる

というサービスがあります。ふるさと納税と組み合わせつつ楽天市場で使用する金額をなるべく月40000円以上になるようにしてますので、年間の楽天市場に使う金額は結構なものですよ。

私は買い回りセールを見据えて計画的に楽天市場でお金を使うようにしています。

 

そんな感じで楽天市場に落としている金額は相当なものとなっています。単純に考えると40000×12か月で約50万ですね。2%分のポイントだけでも年間で10000ポイントです。つまり楽天ゴールドカードにしたただけで、年間10000円相当の副収入が発生しているともとらえることができます。

昨年度私が獲得した楽天スーパーポイントは25万弱となりました。うちの7~8万はバリアブルカードを購入したものですから実際のお買い物で還元されたポイントは18万ポイントくらいだと思います。楽天市場では70万ほど使っていて私のアカウントでは25%ほど還元されているはずです。そのうちの14000は楽天ゴールドカードに入ったからもらえたポイントと言えますね。

 

towa

年間15万ってとんでもない金額です!
楽天市場でどの商品でも30%ポイント還元するための4つのポイント

たくさん還元したポイントは日常生活で余すところなく使用します。楽天スーパーポイントは本当に便利です。

もう楽天スーパーポイントを失効させない。節約・家計管理に役立つ「ポイントで生活費を賄う」方法

ということで私の楽天ゴールドカードに対する見解は

ポイント還元にこだわるならば楽天ゴールドカードがベスト

 

ノーマルの楽天カードでもかなりポイント還元できるから、 まず楽天カードを作ってみてから楽天ゴールドカード更新がおすすめ

 

そのほうがおそらくゴールドカードの審査にも通りやすくなります

といったところです。

 

すでに楽天カードを持っていて、これから楽天ゴールドカードに更新されるという方は楽天カードアプリの「楽天ゴールドカードお申込み」キャンペーンにエントリーして更新してくださいね。

私もキャンペーンにエントリーして1500ポイントもらいました!

towa

楽天ゴールドカードの審査は比較的甘いということですので、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

そのほかの楽天ゴールドカードのメリットは私には関係なし(笑)

towa

一応他にも年に2回まで空港のラウンジが使えるですとか、海外旅行の保険などもあるのですが、私は空港も利用しないし海外旅行にいくこともありませんから、活用の場がないんですよね。




ラウンジの使用回数はこれまで回数制限はありませんでしたが「年に2回まで」に改悪されています。あとの特典は海外旅行の際の保険ですかね。
私は飛行機を利用することもないし…、海外もいかないし…、そのへんは改悪されても全然問題ないです。

 

楽天プレミアムカードなら年会費がはねあがりますがもっといいラウンジを使うこともできるようです。よく飛行機に乗られるならば検討してみるのもよいのかもしれませんね。

楽天カードを使いこなせるようになったらぜひ「ゴールドカード」へステップアップしてみて!

ということで、ここまで私的に楽天ゴールドカードのお勧めする理由を書いてみました。
楽天市場ユーザーならばぜひゴールドカードを利用してみてほしいです。所得のある方ならば楽天ふるさと納税していればまず、年会費以上の恩恵をうけることができます。

 

私は楽天カードに切り替えて、楽天市場のシステムを把握するようになってから

 

楽天市場でのポイント還元を30%へUP
しつつ
普段街中で使用するポイント還元率1.5~2%(クレジット10万までとEDYを組み合わせています)

 

ちなみに私が愛用しているクレジットカードは楽天ゴールドカードと合わせて3種類。最小限のカードを目的別に使い分けることで便利さとお得さを手に入れることができます。
それではここまでお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です