もう楽天スーパーポイントを失効させない。節約・家計管理に役立つ「ポイントで生活費を賄う」方法

ここしばらくで楽天のポイントバックをだいぶ効果的にできるようになってきた私。
楽天市場でどの商品でも30%ポイント還元するための4つのポイント
このポイントをうまく使えないかな?と模索した結果は本日の記事のような形で落ち着いております。
現在は楽天スーパーポイントにかなり生活を助けてもらっているな・・・と実感できるようになってきました。私は田舎に住んでいますが、楽天スーパーポイントの使い道は多岐にわたっており電子マネーと同じくらい現金に近い感覚で利用させてもらっています。
これまでにポイント無駄にしちゃったよって方に読んでいただけると嬉しいです。

towa

ポイント失効って地味にショックじゃないですか?

ポイントをたくさん貰ったら有効に活用したい!




 

ただ今、楽天スーパーセール開催中です。本日0と5のつく日は楽天カード利用でポイントが+2倍なのでかいまわり中に買い物するなら0か5がつく日を狙ってキャンペーンにエントリーするのがお勧めですよ!

今回は最近記録してあったお買い物マラソンのポイント還元について少し紹介させてください。

この時は必要なものが多く、運動会やピクニックのためテントやキャリーカートそれから置き畳、洗剤やオリゴ糖、長男のドリル…。
買いまわりは8つくらいでざっと5万のお買い物をしていました。
この時はお金をたくさん使いました…。でも使った分ポイントバックもできましたた!

 

このときのお買いもので表示された獲得予定ポイントは8293ポイントでした。
他に5のつく日のキャンペーンは後日つきますし、別アカウントにはなりますが、旦那のroomでおすすめしてもらった商品をroom経由で買っているので別に旦那のポイント口座にも2500ほど。
ということで
5万使って11000ポイント、還元率は20%超えとなりました。もう少し厳密にキャンペーンを活用できれば更に還元できるのですが、ポイントのために無理しないのがモットーです。これだけポイント還元できれば上等かなと思います。
SPUだとかキャンペーン、買い回りはほんのちょっと?いや結構?面倒かもですが、なにも気にせずごく普通に買ってもらえるポイントはたったの500ポイント。ですから10000に増えると思えばやる価値があると思うのです。

 

ですが、私はただポイントがほしいわけではなく、家計管理にうまく組み込んで節約につなげたいと考えています。ポイントも使い方ひとつですから。
幸いにも楽天ポイントはいろんな場所で活用することが可能ですので、獲得したポイントを無駄使いするようなことにはならないのがうれしいところです。

 

あなたもポイントを家計の助けにする生活をはじめてみませんか?



楽天スーパーポイントには通常と期間限定の2種類がある

 

楽天スーパーポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類が存在します。
通常ポイントはポイントを1年以内に獲得していれば失効することがありません。楽天のサービスを定期的に利用してさえいれば基本的には期限は永久と考えていいと思います。
期間限定ポイントは期間がそれぞれ異なりますが、獲得してから1カ月程度で失効してしまうものもたくさんあります。

 

通常ポイントの利用はゆっくりでいいのですが、この期間限定ポイントはうっかりしていると無駄にしてしまうかもしれません。期間限定ポイントをいかに活用できるかが楽天ポイントをうまく家計管理に組み込むコツといえるのではないでしょうか。実際に私が利用しているものを紹介させていただきたいと思います。

 

まず使用を急ぐべき期間限定ポイントから書いていきたいと思います。

楽天市場で期間限定ポイントは街中で消費がおすすめ

期間限定ポイントがもうすぐ失効しそうなとき・・・あなたならどう使いますか?

わたしはこれまでは楽天市場を除いて適当なものを購入したり、少しのポイントなら失効させてしまっていたことも過去にはありました。

 

楽天スーパーポイントを楽天市場で使うことは問題ないのですが、ポイントをより貯めたいと考えたとき、楽天カードの利用でたっぷりポイント還元できる楽天市場において楽天カードを使わないのが少し・・・いや、結構もったいないです。特にゴールドカードを使っている人ならポイント倍率が最大7パーセント減ってしまいます。ですので楽天市場ではせっせとポイントをためて、ためたポイントを別で使ってみませんか?

期間限定ポイントの利用の第一選択は楽天モバイルと楽天マガジン

 

私がまず期間限定ポイントの利用先にしているのは楽天モバイル、楽天マガジンの引き落としです
それぞれ設定画面で「楽天ポイントを利用する」設定にしておけば、毎月自動で期間限定ポイントから消費してくれますよ。

 

楽天マガジンは結構な数の雑誌を定額で読むことができるサービスです。ちょっとぜいたく品だとは思うのですが、月額390円で5つの端末まで利用できますから、一家で月に雑誌を1つでも購入されているご家庭ならば損はないかなと。うちでは自分も使っているけど、旦那にも一緒に利用してもらっています。

 

私は主婦系、ファッション系、経済系の雑誌を読んでいます。旦那は車やバイクの雑誌を読んでいるようですね。
私のように子供がいて本屋さんでゆっくり立ち読みできない人にもいいし、時間を問わず気になった雑誌を読めるので暇つぶしにはもってこい。

 

と、いうことで楽天モバイルに変えて楽天マガジンも利用中の私は、このシステムに変えてからスマホ料金と雑誌には1円も現金を使わない生活を送っています

 




家計簿に計上するお金が一つ減るのは、ストレスもなくなり快適です

 

楽天モバイルは高い月で2000円程度かかっていますが、二つのサービスを合わせても2500ポイントまでで済んでいます。利用料に応じて楽天ポイントもまたついてくれますし、まだまだポイントが余ってしまいますね。

 

楽天ポイントをガソリン代にする方法

それからもうひとつお勧めなのが「出光での給油」です。車を所有しているなら毎月のガソリン代は結構しますよね。ポイントも一気に大量に使えます。ポイント給油ができると分かってからはもっぱら出光を利用しています。
出光なら楽天ポイントで給油ができるのでポイントをたくさん利用するにはかなりおすすめです。我が家ですと月に1~2回給油をしています。1回あたり6000~7000円かかるのでこれがポイントで払えるとなるとお得感があると思いませんか?

 

我が家の最寄りの出光に行ってみますとメール会員がお得とかなり宣伝されていたのであわせて登録してきました。
このメール会員っていうのは全国的なサービスではないかもですが…。

 

メール会員価格でクレカ払いにするには、店員さんにお願いしてクレカを出光に登録してもらう必要がありました。

 

出光ではまいどカードというクレジットカードが一番お得に給油できるのですが、楽天ポイントで給油したい場合はまいどカードとの併用は不可、です。
私はまいどカード作るつもりなかったからこのほうがメール会員の恩恵を受けられるし、ありがたいかなと思っています。
とりあえず、メール会員でお得になったので出光で給油するときに、そんなシステムがあるか確認してみるとよいかなと思います。

 

ポイント給油の初回はどうやったらポイントが使えるのか?とパネル操作におっかなびっくりでしたが

 

〇「連携クレジットカードで給油」を選択                             〇楽天ポイントで支払いますか?と聞かれるので「はい」を選択                             〇どれだけポイント使うか聞かれるので、たくさんポイントがあるなら大目に入力すれば満タンまでポイント給油してくれる
の手順で給油できますよ。
全額っていう選択肢がなくてはじめはちょっと戸惑いましたが、給油予定より少し多い額で設定しておけば、必要な分だけポイントを使ってくれるので大丈夫です。
と、いうことで楽天スーパーポイントで給油したレシートがこちらです。

ポイントだけでばっちり給油できています。現在私の車のガソリンはすべてポイントで賄っています。遠出が重なる月などはガソリン代だけで月20000円近くかかることもあるのですが、ポイントのお陰で家計簿の交通費が予算に組みやすくなりました。

今は高速道路料金と旦那のガソリン代をあわせて10000円で予算設定してあります。

ポイントの一部はバリアブルカードで賄っています。
ちなみに出光でも楽天スーパーポイント使用でさらにポイントが付与されるのですが、還元率は悪くて2リットルで1ポイントです。この時ですと270円に1ポイントくらい。
還元率でいうと0.3%ですね。

 

ポイントを貯めるなら100円で2ポイント(キャンペーンを利用したら最高3%)つくエネオスが断然いいのですが、エネオスでは3%還元+リッター2円引き以上にはお得になりません。

 

出光の場合は消費するポイントが多いこともあり、楽天バリアブルカードとの併用がおすすめとなっています。
バリアブルカードのおかげで7%以上、給油がお得になるシステムとなっています。
そちらはまた明日の記事でまとめてみたいなと思います。

 

バリアブルカードのシステムを使用しなかったとしても獲得している期間限定ポイントを余すところなく使えるメリットがあります。

 

楽天ペイを利用してポイント決済の幅を広げる




次におすすめの方法としては楽天ペイです。私の主な利用先はローソンですが、バーコード決済は便利ですね。楽天ペイではペイとクレジットカードを連携させて支払うことが可能でしかも楽天スーパーポイントから消費することが可能となっています。登録作業は簡単にできますので試してみてください。
こちらも楽天ペイのクレジットカードの設定を楽天カードに設定の上「楽天スーパーポイントで支払う」に変更すれば、都度期間限定ポイントから消費してくれます。
このポイント決済ですが、出かけるときなどにコンビニを利用することもあるので、助かっていますよ。
節約するならコンビニ使うなーって話ですが、無理すると続きませんからね。ポイントで払えると思うと罪悪感も薄れる。コンビニで現金を使わずに済むというのが私の息抜きとなっています。

他にも楽天スーパーポイントを活用できる場所がいろいろある

ほかに私がよく利用するのが「マクドナルド」でのポイント飯。月に2回くらいマックにお世話になっているのでポイントでチャラにしています。これで外食費が助かっています。
他にもミスドやくら寿司、ファミレス、家電屋さんなどポイントで支払えるお店がたくさんあるので、自分の身近なお店がないか対象店舗を探してみるのもいいですね。必ず近くのお店があると思います。

通常ポイントは投資信託の購入か楽天エディに変えると1P=1円以上の価値になる

 

通常ポイントは期間限定ポイントと比べますと汎用性が高く、現金に近い使い勝手となっています。
我が家では私名義の通常ポイントは楽天エディに交換して、旦那名義の通常ポイントは投資信託の購入に充てています。
どちらもおすすめの使用法なのでご紹介します。

ポイントで投資信託を購入すれば気軽に投資を体験できる

まず投資信託ですが、楽天証券では楽天スーパーポイント(通常ポイントのみ)で投資信託の買い付けができるシステムがあります
我が家はつみたてNISA、イデコ以外に特定口座でポイント投資をやっていますよ。

一応月に一回2000~3000ポイントあたりを積み立てています。銘柄は楽天VTIにしてあります。

 

まだはじめて3~4回なので総額は少ないんですが…現在8000ポイント余りを運用中です。

このときはさほど相場は良くなかったんですが、一応リターンが+3.58%ということで元本8080円のうち280円が増えてくれていました。

銀行の預金とは比べ物にならない利率です。今のところこちらの投資信託を買い付けてからリターンがマイナスになったことはありませんね。
それでもこれから先、ずっと価格変動のリスクはありますが、ながーく保有すれば大きく育ってくれると思います。
何年後かにポイントがこんなに増えたよ!とご報告できるといいなぁ。
投資信託で失敗しないポイントを経験談からまとめました

楽天エディはキャンペーンを利用すればもれなく2%還元

私名義の通常ポイントは家計の足しにしたいので楽天エディに交換しています。

普通にいつでも交換できますが・・・ちょっと待って!

毎月中旬ごろに楽天カードアプリにキャンペーンが発表されるのでエントリーして条件を満たすように気を付けています。

キャンペーン期間中にエディに交換して受け取りが完了しますと、1か月後にもれなく2%がエディに振り込まれます。
楽天市場でのお買い物のほか私名義の楽天ゴールドカードにあらゆる生活の支払いを集約しているので、毎月結構な金額をエディに交換できています。
たとえばとある月は20万ほど引き落としがありました。

この場合、通常でも2000Pですし、このとき楽天カードのキャンペーン条件を満たしていた私は3000Pいただきました。

3000Pの2%ということは60エディですね。たった60円だけど確実にで2%増えてくれるって貯金や投資と置き換えて考えたらすごいことだと思いませんか。
銀行で2000円預けてもそんなに利息はつきませんよね。

 

まっ、お得とは言うものの年間にしても1000円以内の話ですが…投資は現金でもできるのでポイントはエディが一番いいかなって私は考えています。

towa

ちりも積もれば山となる!ですから。
このエディを使って毎月の食費なり日用品なりを支払っています。その額はもろもろのサービスを合わせると月々5000円~10000円程度といったところです
エディ支払いって色んなところで可能ですし支払いがスムーズでストレスフリー♪
「一括で」っていう手間も省けるし決済もクレジットより少し早いし。すっかり便利に使っています。

あなたの生活スタイルに合う利用法は見つかりましたか?

いかがでしたでしょうか。楽天スーパーポイントはいろんな使い方があります。たくさん貯めても使うのに困ることはありません。
どんどんたまって日々の家計をちょっぴり楽にできちゃう楽天スーパーポイントをあなたも貯めてみませんか?
今回はざっと利用法を書いたのでそれぞれの詳しいサービスについてはまた近いうちに記事にしたいと思います。
その際にはぜひともお付き合いくださいね。
ここまでお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です